レブル250のタイヤに釘が刺さっていたので抜いてもらった話

かものはしです。

先日レブルを洗車していると、タイヤに釘が刺さっていることに気が付きました。

実際の写真がこちら。

 
真ん中あたりに見える丸い銀色のところです。

いつから刺さっていたのかは不明です。

空気が抜けてパンクしているわけではないけれど、なんか気になるので販売店に見てもらいました。

普通に走れるので自力走行で販売店へ。

ペンチで釘を抜いてもらうと、刺さっていたのは釘の頭部分だけでした。

なのでタイヤのゴム部分に小さな穴が開いただけで済みました。

抜けた跡がこちら。

 
釘は空気が入っている所までは達していなかったので修理の必要は無し。

大事に至らずよかった~

ちなみにまた同じようなことがあった場合どうしたらよいか聞いたところ…

釘が刺さっているのを発見したらなるべく早く来店くださいとのこと。

今回は大丈夫でしたがもし釘が空気層まで刺さっていた場合、抜くとパンクしてしまうためです。

ちなみにレブルはチューブレスタイヤなので釘が刺さったままであれば栓の役割をしてすぐにはパンクしないようです。

出先で釘が刺さったのを発見した場合はむやみに抜かないのが得策ですが、近くに修理できる店舗が無い場合はちょっと不安です…

ツーリング時はパンク修理キットを持参しておくと安心かもしれません。



BikeRebel250
スポンサーリンク
dac330をフォローする
カモノハシノハナシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました